刺される前にハチ退治|安全性を考慮してプロに託す

スズメバチの巣作りを知る

ハチ

ハチの動きを観察する

キイロスズメバチは市街地での活動が目立つハチです。成虫はスズメバチの中ではやや小型の部類に入り、背中の鮮やかな黄色が特徴です。住宅の軒先に巣を作り、しばしば人を刺すことから駆除の対象になっています。スズメバチの駆除業者に寄せられる相談件数が多いのがこのキイロスズメバチです。キイロスズメバチはまず、雨樋の隙間や戸袋などの狭くて暗い場所に巣を作ります。そこで繁殖し、最初の巣が手狭になると外に出て巨大な巣を作り上げます。第一段階の巣は人の目につきにくいため、キイロスズメバチが住み着いたことに気づきにくいのです。黄色いハチが住宅の隙間に出入りしていたら、中で巣作りを始めているかもしれません。遠くから動きを観察することで、巣が大きくなる前に発見することができます。

どこに巣があるのか

危険なハチとして名の知られているスズメバチですが、種類によっても生態に違いがみられます。先に紹介したキイロスズメバチは攻撃的な性格で、近づいただけでも執拗に襲ってくることがあります。屋外にできた巣に興味本位で近づくことはとても危ない行為です。人の暮らす住宅地でも生息しているので、巣を発見したら早急に駆除する必要があります。特に危険なスズメバチはオオスズメバチです。名前通りの大きな体で時にはカエルやヘビをも襲います。オオスズメバチは木の洞や柔らかい土の中に巣を作るため、山でのハイキングや農作業中に襲われる事故が発生しています。持っている毒も強く、駆除業者でも一段と警戒している種類のスズメバチです。