刺される前にハチ退治|安全性を考慮してプロに託す

スズメバチの巣作りを知る

ハチ

キイロスズメバチは民家にも巣を作るハチです。近づくと危険なため、巣を発見したら専門業者に駆除を依頼します。オオスズメバチも危険なハチです。木のくぼみや土の中に巣を作るため、巣の存在に気がつかずに近づいた人が襲われる事故が起きています。

More Detail

シロアリの生態と駆除方法

シロアリ

自然界では枯れた木を土に還す役割を果たしているシロアリですが、住宅の木材にも同様の習性を発揮するため害虫となります。乾燥を嫌い光や風のない環境を好む習性を理解することがシロアリ駆除に不可欠です。シロアリ駆除業者が使う薬剤には液剤や粒剤・毒餌など多くの種類があり、専門知識を駆使して散布設置しています。

More Detail

ダニやゴキブリの駆除なら

作業員

ダニやシロアリなどの害虫に困ったら、害虫駆除の業者に相談してみましょう。専用の道具や薬品などを用いて迅速かつ効果的に対応してくれる上、相談にも親身に乗ってくれます。アフターサービスまでサポートしてくれる業者を選ぶと良いです。

More Detail

不安なら業者に依頼を

ウーマン

ハチの退治は、素人でもある程度可能なものとそうでないものがあります。アシナガバチやミツバチなどは、攻撃性が低いので、万全の備えをして正しい方法で行えば退治できるでしょう。しかし、スズメバチは攻撃性が高く、毒を持っており危険なので、業者に頼む方が確実です。また、アシナガバチなどの攻撃性の低いハチを退治するときにも、活動期である七月から九月頃に行うのは避けた方がよいでしょう。この時期は攻撃性が高まるため、普段よりも危険性が高くなります。また、巣も大きくなっているため退治に時間がかかり、刺される心配も大きくなります。夏になってから大きいハチの巣を発見したときは、なるべく安全性を考慮してプロに託すようにしましょう。

ハチの巣が家などの近くにできていることがわかったら、退治までの間に刺されないように以下の二点に注意しましょう。一つ目が巣をむやみに刺激しないという点です。つついたりするのはもちろんのこと、近づいたりするのも危険です。特にスズメバチは近づくだけで攻撃してくることがあるので、不用意に近づかないよう注意しましょう。二つ目が匂いに注意することです。甘い匂いや、香水の匂いにハチは反応します。そのため、巣の近くではこうした匂いのするものをつけて歩くのは避けましょう。香水のように身につけるものはやめ、甘いものをおきっぱなしにしたりしないように気をつけましょう。また、スズメバチの巣に関しては、危険性が非常に高いので放置せず早めに駆除してもらうのも重要です。